20年前 私は幸運な事に

この腕に愛しい

我が子を抱きしめる事ができたんだ

2つの魂がまるで1つになったかのように

似たような呼吸で

似たような景色をみて

似たような未来を描いて

簡単ではなかったけれど

似たように感動して

似たように笑って泣いて

似たように絵を描いて

似たように怒って

やっぱり簡単ではなくて

似たように大喧嘩して

似たように苦しくなって

するとある時から

1人で景色みているような

1人で呼吸しているような

1人で未来を見ているような

1人で怒って

1人で泣いて

1人で苦しくなっているような気がして

いつでも我が子を抱きしめてあげれる

距離にいたのに

必要な時に手を握ってあげれていたのかも

わからなくなってしまう程

簡単ではなかった

けれど何度も思い出すんだ

【目の前の命を見届け抱きしめる】

自分との約束を

…そうやって

よく分からない感情にまみれながら

やっと娘は20歳を迎えたんだ

彼女も様々な苦い経験をしが

ご縁があり結婚をし

私はまた幸運な事に孫を抱く事ができた

私は何があってもこれからも信じてる

そして また 何度も 抱きしめあげたい

君がもし苦しくなって

もし沢山のことで

痛みでどうしようもないとき

思い出してみてほしい

君の味方は必ずいて

それは親でなくてもいい

身近な友人かもしれないし

または初めて出会った人かもしれない

なんなら私は君の味方だ

君にとどけ

by 川手絵里