それでも我が道をゆく

いくつも無限にある分かれ道で、どちらに進むのかは自分で決められるんだ!

(Wikipedia:自分と異なるものや、自分から見て良く見えるもの、      自分が欲しい(欲しかった)ものなどを持っている相手を快く思わない感情) 1歳の子どももやきもち焼くんだって 嫉妬と聞くと、やっぱり恋人同士を連想しやすいかもしれませんね。しかし割ともっと身近なものだと思います。同僚とか […]

(Wikipedia:心が満ち足りていること) 不幸せにはなりたくない! 哲学、思想、宗教における考えを垣間みてみると、人間はなぜこんなに幸せを追い求める生き物なのだろうかという疑問さえうまれてきます。ソクラテスは、人間の生の究極目的を「幸福」として規定していますし、ダライ・ラマ14世も「人生の目的 […]

(Wikipedia:事象を正負二極で見立てた際の負の側) ネガティブな幸福者は存在する? ネガティブというと後ろ向きなイメージです。そして、誰もがネガティブな気持ちになった経験があるのではないでしょうか。ネガティブな状態に浸かっているときは、びっくりするほど、どんなこともネガティブに結びつけられる […]

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

メンタリストDaigoさんと植松聖(さとし)被告 先日、衝撃的な文字が飛び込んできた。その文字を書いたのは、メンタリストDaigoさん。 「ホームレスの命はどうでもいい」「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしいと僕は思う」「自分にとって必要もない命は軽い。だからホームレスの命 […]

自分を大切にするって 「自分を大切にする」 よく目にする言葉だと思います。 自分を大切にすることは勿論大切なことです。 しかし、 ☆自分を大切にしているのに…思ったように全然うまくいかない。☆自分を大切にしていたら、他人とコミュニケーションがうまくいかなくなった。☆自分を大切にして、突発的に感じた感 […]

アダルトチルドレンの中毒性の恥 「私の名前は中毒性の恥」 私はおまえが母親のおなかに宿るときそこにいたおまえの母親に恥のホルモンの中におまえは私を母親の子宮の流動体の中で感じた私はおまえが話せるようになる以前にやってきたおまえが理解する前におまえが知る方法を得る前に私はおまえが歩き方を学んでいた時に […]

26年前、有名な結婚式場に数回参列して気付いたこと 今でこそ、バラエティに富んだ結婚式がありますが、26年前はあまりなかったんです。 今では有名なあのゼクシィという雑誌も今ほど有名ではありませんでした。 まぁ、田舎だったのもあると思いますが(汗) ですから、私よりも先に結婚式を上げた知人・友人は、ほ […]

大切な人の死が受け入れられないとき 想像しやすいことだと思いますが、大切な人の死は、ショックが大きい。 それは、実際に大切な人を亡くすという喪失感と、心理的に心の支えを亡くすという喪失感を同時に味わなければならない体験であり、受け入れがたい体験です。 ライフイベントとストレス指数 あまりにショックが […]

彼がキレたのはどうして? さぁ、どうしてなのでしょうね。 もしかしたら、たまたま機嫌がわるかっただけかもしれませんし、あるいは、極端に自己防衛が働いてしまう彼だったのかもしれませんし、もしくは、感情という存在の取り扱いが苦手な彼だったのかもしれませんし… いずれにしても、 「彼はどうしてキレたのか? […]

ストレス解放のための涙 感情は自然な浄化作用であり、ストレス解放の手段です。 ストレスが溜まっていると思っていなくても、映画や動画などを観て涙を流すと、なんだかスッとした気分になることがあると思います。 あるいは、なんだかイライラしていて、周りに当たってしまう日に、誰かの言葉や雰囲気で涙を流せると、 […]

親から愛されなかったのは自分のせい? カウンセリングやセラピーを行うとき、 【親から愛されなかった】 と話されるクライアントさんは少なくありません。 そして、親から愛されなかったのは、 【自分のせい】だと思い込んでいます。 それって、おかしいなぁと思うのです。 だって、 親から愛されるか愛されないか […]

2つのケースー不安を抱えるシオリと虚しさを抱えるリカー たえず湧き上がる不安をなんとかしたい ーシオリの場合ー 彼女は泣くまいとぐっと歯を食いしばりながら、「私は決して良い子ではありませんでした。たくさん悪さをして、両親を困らせてきました。本当に手に負えない子どもだったと思います。」と。今までのスト […]

両親に愛されていました 相談業務を受け付けていたころ、案外多かった機能不全家族のタイプがある。 目に見える虐待があるわけではないですし、両親はちゃんと世話をしてくれたという認識がありますし、愛してくれていたと思っています。 でも、大人になって社会に出てみたら、【何かがおかしい】と思っているのですが、 […]

毎日ジェットコースターに乗って生きているような感覚 そもそも、「愛する」という言葉を【動詞】として捉えた方がうまくいく。自分らしさを取り返したいならば、自分を主軸とした考え方が必須になる。昔の私は、自分以外が主軸だったから愛を待つ人だった。それに加え、愛は心で感じるもの(感情)だったから、相手が自分 […]

記事ランキング